Mazinger Revisited

マジンガーシリーズについてのあれこれ

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

木漏れ日の中で 

二次創作 |

komo.jpg

11月のある晴れた日。
冬とは思えないほど柔らかな日差しの午後。
マジンガーZとダイアナンAが地面に横たわっている。
機械獣との激しい戦闘を物語るかのように、傷だらけの2体のロボット。
Zは片足を、ダイアナンは両腕を失って、エネルギー切れで動けない状態である。
光子力研究所の回収ヘリを待つ二人。
甲児は甲児はZの腹部を背にしてもたれかかり、さやかはZの腕に腰かけている。


「あーあ。派手にやられちゃったな」
大きくのびをして、そう呟く甲児。
「そうね…でも、機械獣を倒したんだから、名誉の負傷ってとこじゃない?」
そんな甲児を眺めながら応えるさやか。
「ヘリはいつごろ着くんだい?」
「さっきの通信だと、あと30分はかかるらしいわ」
「ちぇっ。暇だぜ…」
「いいじゃない、たまには。疲れたでしょ?あれだけ激しい戦いだったんだから」


2体の機械獣は、Zとダイアナンを分断するかのように攻撃を仕掛けてきた。
ダイアナンを襲った機械獣のブーメランが両腕を切り落とし、悲鳴を上げたさやか。
それを助けようと急いで1体の機械獣を倒したZが飛び込んだ隙を狙われ、Zも片足を切り落とされてしまった。
動けなくなったZに迫る機械獣を、背後からダイアナンがスカーレットビームとミサイルの連射でなんとか破壊したのだった。


「それもそうだな。今日のさやかさんとダイアナン…見事だったぜ」
「そう?ありがとう」
取り留めのない話を続ける甲児とさやかに、ヘリが近づいてきた。
「おっ、やっと来たか。おーい、ここだぜ!」
立ち上がって両手を振る甲児。
「まあ、元気ね…」
微笑むさやかだったが、内心はこの時間がずっと続けばいい…そう思っていた。
そんなさやかの気持ちを知ってか知らずか、甲児がさやかの手を引っ張る。
「さあ、行こうぜ。お迎えがやってきてくれたぜ」
「ちょっと、甲児くん…痛いわよ…」
甲児がつかんだ手をぎゅっと握り返すさやかであった…


【終わり】

レビューを書いて送料無料対象商品!!【商品レビューを書いて送料無料】SRDX マジンガーZ 弓さ...

レビューを書いて送料無料対象商品!!【商品レビューを書いて送料無料】弓さやか 後期戦闘服版...

真マジンガーZERO 弓さやか type アルテミスA 限定ver. 1/7 完成品フィギュア[あみあみZERO]《...
スポンサーサイト
15:49 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。