Mazinger Revisited

マジンガーシリーズについてのあれこれ

スポンサーサイト 

スポンサー広告 |

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- |  trackback: -- | comment: -- | edit

再会 

二次創作 |


Pic by GNJさん

ある晴れた春の昼下がり。
甲児は久しぶりにマジンガーZに乗って人気のない海辺に。
もうすぐ約束の時間。
突然上空に小さな機影が見えたかと思うとぐんぐん近づいてくる。
そしてZの前に優雅に着地したのは…
「ただいま、甲児くん。待った?」
「お帰り。おれも今来たところさ」
Zの前に美しい女性型のロボットが立っている。
ピンクと白に彩られた巨大な女性そのものの姿。
栗色のストレートのロングヘアの頭部のカチューシャ部分がコクピット。
「ひさしぶりだな。元気だったかい?さやかさん…」
「ええ。甲児くんも元気そうね」
最愛のパートナーとの久しぶりの再会。
甲児の胸は高鳴る。


「そのロボット…さやかさんが設計した新型かい?」
「ええ、そうよ。どう?」
くるっとターンを決めて腰に手を。
スーパーモデルやレースクイーンを思わせる見事なプロポーション。
「さやかさんそっくりだな…」
日の光を浴びて煌くさやかの分身に目を細める。
「うふふ。私がロボットを設計するなら…自分をモデルにってずっと決めてたの」
「噂で聞いたぜ?NASAで研究された中でも性能は飛びぬけてるって」
「ええ。実戦経験を生かした制御プログラムと超合金のおかげよ」
「頼もしいな。これからもサポートよろしく頼むぜ」
「あら、サポートなんかしないわよ。これからはZに代わって私が平和を守るんだから」
「相変わらずだな、じゃじゃ馬ぶりは…」
そっと腰に腕をまわして抱き寄せる。
「そのロボット…名前はなんていうんだい?」
「名前?教えてほしい?」
Zに身を預けてしなだれかかり、耳元で囁く。
「もちろん。Zの新しい恋人だからな」
全身を包み込む。
「フローラルAよ。戦場に咲く一輪の花。ってところかしら…」
フローラルがZの首に腕をまわして見上げる。
「フローラルA…いい名前だな」
「私フローラルA。よろしくね、Z」
「こちらこそ」
恋人同士の熱い抱擁。


「さやかさん、こいつらだけずるいと思わないか?」
「そうね。今度は私たちの番よね」
ロボットから降りて見つめあう二人。
懐かしいパイロットスーツに身を包んではいても、少し大人になった。
「会いたかったぜ」
「私もよ」
「来いよ」
両手を広げる甲児。
「いわれなくたってそのつもりよ」
その中に飛び込むさやか。
もう言葉はいらない。
背後のZとフローラルのように抱き合って唇を重ねる。
何度も。
「グレンダイザーと一緒に戦ってたのよね…お疲れさま」
「ああ。でもやっと終わったぜ。これからはずっと一緒さ」
「あら、美人二人に囲まれてデレデレしてたって噂だけど?」
甲児のほほをつねってほほ笑む。
「いてて…そんなことないって…」
「…これからは私だけを見てね?」
耳元で囁く。
「もちろんさ」
「じゃあ許してあげる」
甘いキス。
甲児はさやかを抱えあげ、お姫様だっこ。
「きゃっ!恥しいじゃない…」
広がったあ裾を抑えて頬を染める。
「研究所でみんな待ってるぜ。今日は朝までパーティーだってさ」
「本当?うれしい…」
ギュッと抱きつく。
さやかの匂いと柔らかさが甲児を刺激する。
「フローラルのお披露目もしなきゃな。みんな驚くぜ?」
「ふふ。だといいけど」
再びコクピットに戻った二人。
Zとフローラルは腕を組んで歩きだす。
恋人同志のように。
愛する人たちのもとへ…


(おわり)

マジンガーZ VOL.7(DVD)
価格:8467円(税込、送料別)









スポンサーサイト
19:50 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

ふたり 【ボイスドラマ編】 

二次創作 |


midiファイルを聞くにはプラグインが必要です。


Voice by 魚住凛菜さん






マジンガーZ 85話〜88話

マジンガーZ 85話〜88話
価格:345円(税込、送料込)


07:46 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

ふたり 

二次創作 |


Pic by つしまゆかさん

甲児の部屋のドアが小さくノックされた後、ゆっくりと開く。
「甲児君、いる?」
さやかが戦闘服姿のまま入ってくる。
ベッドの端に座る甲児の前に立ち、口を開く。
「お疲れさま。今日もありがとう」
「なに言ってるんだよ。ダイアナンは今日も綺麗だったぜ」
「あん、Zこそ素敵だったわよ」
予想外の言葉に照れながら続ける。
「私たち二人はどんな相手にだって負けないわよね?」
頷く甲児はじっとさやかを見つめて囁くように…
「可愛いな、そのミニスカート」
「えっ?…やだ、今更何言ってるの?」
隣に座ると見つめて
「女の子は戦ってる時だって可愛くいたいの。だからよ」
「そっか…」
さやかの匂いに包まれて照れる甲児。
「うふふ。ドキドキしちゃう?」
そんな甲児をからかうように笑う。
「ミニがめくれて目の毒だぜ…」
ふとももが眩しい。
「こら。ちゃーんとスパッツ履いてるから大丈夫なの」
そういうと自分でスカートをずらして純白のスパッツを露わに。
「ほらね?残念でした」
そう言うと甲児の肩に頭を乗せて。
「甲児君のパイロットスーツだって素敵よ。見惚れちゃう」
戦闘の後の二人だけの甘いひと時。

「私たち、周りからはどう見えるのかしら。戦闘のパートナー?」
「…恋人同士…かな?」
照れながら答える甲児。
「え?恋人同士?…そう…かしら」
さやかの頬が真っ赤に染まる。
「甲児君は…どう思ってる?私のこと」
結城を出して聴くさやかの眼を見て甲児がボソッと…
「…好きだぜ…」
「好き…ですって?…私もよ…」
その言葉が終わらないうちに甲児がさやかを膝の上で横抱きに。
「あん…恥ずかしいわ…卑怯よ」
裾の乱れを気にしながら囁く。
「やん…スカートが…見えちゃう」
「スパッツだってわかっててもドキドキするぜ…」
裾を抑える手に手を重ねる。
「…もう…」
その手をしっかりと握る。
「いつもさやかさんだけを見てるぜ…」
「あん、思いが溢れて止まらなくなっちゃうでしょ…」
「俺も同じさ」
「…照れるじゃない…」
首に腕を回して唇を重ねる。
「もっと…ぎゅーってして?甲児君…」
包み込む甲児の腕。
「…私みたいなおてんばで…いいの?」
「さやかさんじゃなきゃ…ダメなんだ…」
「ありがとう…好き…大好き…」
何度も啄み合う。
「…このまま時間が止まればいのにね…」
夕日が二人を照らし、シルエットにしていく…


(終わり)




新 品 SIF EX マジンガーZ 弓さやか

新 品 SIF EX マジンガーZ 弓さやか
価格:3,420円(税込、送料別)




00:14 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit


midiファイルを聞くにはプラグインが必要です。


Voice by とまこ。さん






11:44 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

Holiday in the sun 2 

二次創作 |


Pic by つしまゆかさん


南海の孤島の美しいビーチ。
機械獣に押されてピンチのマジンガーZ。
ダイアナンAが助けに駆けつける。
「危ない!おっぱいミサイル!」
ダイアナンの胸のミサイルで機械獣は爆発四散した。


倒れたZに駆け寄るダイアナン。
優しく抱え起こして甲児に声をかける。
「大丈夫?甲児君…」
「…っ…あ、さやかさん…」
気を失っていた甲児が意識を取り戻す。
「安心して。敵はダイアナンが倒したわ…」
ヘルメットを取って、優しい表情で語りかける。
「すまねえな。借りをつくっちまたったな」
「何言ってるの。気にしないで…」
一瞬間が空いて続ける。
「…恋人のピンチを助けるのは当然でしょ?」
照れながら続ける。
無言の甲児は操縦桿を握る。
再び動き出したZがダイアナンを抱きしめる。
「あん、突然抱きしめるなんて…照れちゃうじゃない…」
言葉とは裏腹にZの首に腕を回すダイアナン。
「…嬉しい…」
唇を重ね合い、抱擁する二体の巨大ロボット。
「 青い空と雲。最高ね。いい気分
「そうだな」
「 ねえ、甲児君。せっかくだから外に出てみない?」
さやかが提案する。
「二人っきりのデート。たまにはいでしょ?」


コクピットからミニスカートを翻して飛び降りるさやか。
「 それっ。お待たせ… え?見えちゃった?やん…」
照れる甲児にクスッとほほ笑む。
「…なんてね…」
パイロットスーツをはだけると、白いビキニが。
「今日は無人島で戦闘だって聞いてビキニを着てきたのよ。 だから見られても平気。ほらね?」
悪戯っぽく笑って見せつける。
甲児もウィンクすると、パイロットスーツをはだけて水着姿に。
「え?甲児君も水着着てきたの?考えることは同じね」
「ああ。パートナーだからな。俺たちは」
「ふふ。なんだか嬉しい。じゃあ泳ぎましょうか?」
「ああ、行こうぜ」
波打ち際に駈け出す二人。
ふと振り返ると甲児の視線が。
「こら。そんなに見つめないで。恥ずかしいでしょ?」
照れるさやかは両手で海水をすくいあげて…
「それっ!うふふ。冷たかった?ごめんあそばせ」
じゃれ合う二人を太陽が優しく微笑んで見つめている。


「 久しぶりね。二人っきりでのんびりするの…」
遊び疲れて並んで座る二人。
「 いい気持ち。このまま平和な時が続けばいいのに…」
「そうだな…」
「でも…そうなったら離れ離れになっちゃうのかな?私達」
無言の甲児。
突然さやかをぎゅっと包み込む。
「あん…どうしたの?急に抱きしめるなんて…」
「そうなっても…離れたくない」
「…嬉しい…私もよ…」
見つめあう二人の唇が重なる。
「甲児君…好き…大好き…」
「さやかさん…俺もさ…」
「ねえ、 見て。Zとダイアナンも抱きあってて…幸せそう」
「…負けていられないな…」
さやかを抱く甲児の腕に力がこもる。
「…あん…ずっとこうしていたいわ…」
「…俺も同じだよ…」
「もっときつく抱きしめて…私を感じて…」
さやかの手を握る甲児。
「甲児君、その手をずっと離さないでね。約束よ…」


(終わり)









11:35 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。